2022.8.8 来場

「Legends Reassemble 2022 : M.S.U. [水玉スーパーユニット] vs ACID MOTHERS TEMPLE 荒野の四人 ~あの水玉消防団が帰ってくる!?」

M.S.U. [水玉スーパーユニット] 天鼓(vocal), カムラ (vocal, synth, Fx), RIE MIYAZAKI (guitar), 中西智子(bass), SACHI-A(drums)  /  Acid Mothers Temple Magnificent Four 津山篤 (bass, voice), 志村浩二 (drums), 河端一 (guitar), 東洋之 (synth, guitar)

OPEN 19:00 / START 19:30  前売¥3,500 当日¥4,000



■ 8月8日 (月)@秋葉原 Club Goodman (03-5846-9453)
「Legends Reassemble 2022 : M.S.U. [水玉スーパーユニット] vs ACID MOTHERS TEMPLE 荒野の四人 ~あの水玉消防団が帰ってくる!?」
open 19:00 / start 19:30 adv¥3,500 / door ¥4,000(+1drink order)

M.S.U. [水玉スーパーユニット]
天鼓(vocal), カムラ (vocal, synth, Fx), RIE MIYAZAKI (guitar), 中西智子(bass), SACHI-A(drums)

Acid Mothers Temple Magnificent Four
津山篤 (bass, voice), 志村浩二 (drums), 河端一 (guitar), 東洋之 (synth, guitar)

-----------------------------------------------------------

M.S.U. [水玉スーパーユニット]
天鼓 (vocal), カムラ (vocal, synth, Fx), RIE MIYAZAKI (guitar), 中西智子 (bass), SACHI-A (drums)

あの水玉消防団が帰ってくる!?
「水玉消防団」は、70年代末結成された女性5人によるロックバンド。ほぼ全員が楽器未経験者。
1981年にクラウド・ファンディングでリリースした自主制作盤『乙女の祈りはダッダッダ!』は、発売数ヶ月で2千枚を売り上げた。尖ったリズムセクション、強力なツイン・ボーカルが特徴。東京ロッカーズを初めとする、DIYパンクシーンの一翼となリ、都内のライブハウスを中心に、反原発や女の祭りなどの各地のフェスティバル、大学祭、九州から北海道までのツアー、京大西部講堂や内田裕也年末オールナイトなどで多数のギグ。80年代には、リザード、ジャガタラ、スターリンなど、また女性のバンド、ゼルダ、ノンバンドなどとの共演も多かった。85年にはセカンドアルバム『満天に赤い花びら』をフレッド・フリスとの共同プロデュースで制作。両アルバムは共に自身のレーベル筋肉美女より発売され、91年に2枚組のCDに。
水玉消防団の1stアルバム発売後、天鼓はNYの即興シーンに触発され、カムラとヴォイスデュオ「ハネムーンズ」結成。水玉の活動と並行して、主に即興が中心のライブ活動を展開。82年には竹田賢一と共同プロデュースによるアルバム『笑う神話』を発表。NYインプロバイザーとの共演も多く、ヨーロッパツアーなども。 水玉消防団は89年までオリジナルメンバーで活動を続けた。その後、カムラはロンドンで、天鼓はヨーロッパのフェスやNY、東京でバンドやユニット、ソロ活動などを続けている。 天鼓/カムラが同じステージに立ってツイン・ボーカルでせめぎ合うのは30年ぶり。

Acid Mothers Temple Magnificent Four
津山篤 (bass, voice), 志村浩二 (drums), 河端一 (guitar), 東洋之 (synth, guitar)

Acid Mothers Temple史上最兇にして最強の4人が帰ってくる!?
1995年に結成されたAcid Mothers Templeは、1997年にP.S.F. Recordsよりリリースした1stアルバムが、英Wire Magazine誌上にて年間ベストアルバムに選出され、1998年に初海外ツアー行う。その後世界中のレーベルから無数の作品を発表しつつ、毎年欧米を中心に、南米、アジア、オセアニアまで精力的にツアーを行い、国内での知名度の低さとは裏腹に、海外では現在までに「Glastonbury Festival」等、数多のフェスティバルに出演。リリース作品は既に100作以上。
20年以上に及ぶその活動において、メンバーチェンジを繰り返す中、「AMT史上最兇にして最強」と言われるラインナップ、津山篤 (サイケ奉行, 想い出波止場)、志村浩二 (みみのこと, Mainliner)、河端一、東洋之という4人が、今回「Acid Mothers Temple Magnificent Four」として限定再集結、この4人で演奏するのは2011年欧州ツアー以来、11年ぶりとなる。