html5 bootstrap template

2022.11.18 来場

”ALTERNATIVE ELEKI-TOWN SP.~Elektro Guzzi Tour~ ”

Eleltro Guzzi(from:Austria)  /  ニューグリフィンズ  /  Paris death Hiton  /  MUSQIS

OPEN 19:00 / START 19:30  前売¥2,300 当日¥2,500(+1drink order)



2022.11.18(金)
”ALTERNATIVE ELEKI-TOWN SP.~Elektro Guzzi Tour~ ”
open 19:00 start 19:30 / adv¥2300 door¥2500(+1drink order)

【出演】
Eleltro Guzzi(from:Austria)
ニューグリフィンズ
Paris death Hiton
MUSQIS

【TIME SCHEDULE】
19:00 open ---------------------

19:30 Paris death Hilton

20:10 ニューグリフィンズ

20:50 MUSQIS

21:35 Elektro Guzzi

22:10 ライブ終了予定

オーストリアのウィーン出身のミニマル・テクノ・バンド"Eleltro Guzzi"がコロナ禍を経てひさびさに来日ツアーを敢行します。とにかく彼らの魅力はそのライブを観て体感して頂きたい!というころで、東京のサポートは、ギター&ドラムという最小編成にラップと美しいメロディが絡む日常系ヒップホップ・バンド"ニューグリフィンズ"と、複雑で美しいメロディをヘビーなビートに乗せて高速演奏するヘビネス・人力テクノ・バンド"Paris death Hiton"。そして、マス・ロックをハードロック的解釈で鳴らす"MUSQIS"の3組。金曜の夜、盛り上がりたいという方は是非!!!!!!

EDM・ダンス・テクノ

Elektro Guzziは、2004年ウィーンで結成、ドラムのBernhard Breuer、 ギターのBernhard Hammer、ベースのJakob Schneidewindから成るス リーピースバンドである。

オルタナティブ

前里慎太郎(vo./g.)と、フリハタマリカ(dr./cho.)による二人バンド。 エッジの中にポップさを忘れない歌とスキルフルなラップ、キレのあるクリーントーンのギターと奔放かつ現代的なドラム、それらが組み合わさったサウンドは、二人で鳴らしているとは思えないような豊かな広がりを見せる。 2016年の結成以来、関東を中心に精力的にライブ活動を展開中。 そのパフォーマンスは鎮座DOPENESSに[滝と同じ効能]と評される。

オルタナティブ

Paris death Hilton is a Japanese experimental rock band, founded in 2016, composed of Kuba(electronics), Ken Takahashi(drums/electronics). 2016年1月にKUBA(electronics)と高橋ケ無(drums/electronics)により結成。ラップトップとドラムというフォーマットにも関わらず、クリックや同期演奏を使用しない肉体的なライブパフォーマンスが話題となる。 「エクスペリメンタル・ハードコア・シミュレーター=ハードコアをシミュレートする」というコンセプトの元、Ableton Liveを楽器として極限まで拡張することでバンド・フォーマットにおけるエレクトロニック・サウンドの方法論を新たに構築した挙げ句、パリス・ヒルトンに訴訟を起こされることを目標としている。 都内を中心に地方や台湾でのライブを重ね、2020年4月に満を持して1stアルバム「Age Of Death」をリリース。 2021年1月、Maison MIHARA YASUHIRO 2021AWコレクションへ楽曲提供。 2022年4月「Marry Me EP」をリリース。パリス・ヒルトンの結婚を祝しての発表だが、彼女の目に止まることはないであろう。

オルタナティブ

マルチ奏者、野口英律を中心とした音楽及びそれらに関わる集団、コミュニティーである。 ムスキス、マスキス等、特に読み方は決まっていない。 基本的に6人編成でのライヴが多いためMUSQIS SEXTETと表記される事が多い。 演奏内容でも名前が変り、即興演奏の場合は MUSQIS umpoverito 等 その性質からサポート、ゲスト等を迎える事が多く、その編成は極めて流動的である。 意識の高い皆の善意で成り立っている。